BLのあれこれ・投稿やお知らせ

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

つきだとも

Author:つきだとも
BL書いています。
苦手な方はご遠慮願います。。。
twitter : 月田朋@tskdtm

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

かたるべきことはなにもない

これがうわさの一か月放置したらでる広告か!!

スポンサーサイト

twitterでショートストーリーつくってみた05

はい。

ええと

アルパカ!!

なぜアルパカかというと、えっぬえいっちけぇいのドキュメンタリで
困難な通学路を通う世界の子ども、みたいなことをやっていて。

わたし、苦学に鬼弱いんです。
自分がのんべんだらりとした甘ったれであるせいか、泣きます。秒で!

そう、少年が山から下りるの。アルパカの毛をかついで……売るんだ。父さんと……。
山から何時間もかけておりて学校に行くんだ……。
弟妹たちの世話をしながら。

だから、アルパカ。

……

野アルパカ!





アルパカの毛はいいお金になるそうです。



即興なので文言かぶりご容赦くだされー(ブラックブルームブレスを吐きながら)
----------------------------------------------------------------
<その1>

たまたま近くを通りかかった野アルパカを捕獲して、三分の二くらい毛を刈ったところ、物陰でそれを見ていた托鉢中の町会長が「お前はお前のなすべきことをなせ」と言ったから。
9月2日はアルパカ記念日。
20:50 - 2017年9月1日

月田朋‏ @tskdtm 9月2日
反省したはいいが、刈った毛には黄金並の価値がある。風呂敷に包んで山をおり、街で売ることにした。コカの葉をはみながら道行く人々を眺めていると少年の顔をした神が輿に乗ってやってきた。空に梵字をしたためる。

油断した。こんなところで神にでくわすとは。私は世界に3人いるというブラックブルームブレスを有する者。息を止め身体を縮めて子ネズミほどの大きさになると、アルパカの毛の中にまぎれこんだ。神の梵字が私の背中を焼く前に。

神はそんなわたしを見逃すわけはなかった。ぶわりと文字の形にアルパカの毛がもえて、私は風呂敷からまろびだす。ブラックブルームブレスを少年神にむかって怨嗟とともにふきつける。少年神はくるりと宙を舞い、そのまま去った。私は小さな身体のまま側溝にそって逃げた。

「おまえ」私はつまみあげられた。逆さにされて振り回される。もがき元の大きさにもどる。そんな私に「忘れ物だ」と女はアルパカの毛をなげる。「見てたよ。なかなかの使い手だ。私に雇われてみないかい?悪い話じゃないよ」わたしは否と首をふるが、女は強い力でわたしの首をつかむ。

私はたちまちネズミのような大きさにされた。女は私を風呂敷の中にほうりこむ。やがて馬にのったようで、わたしはあきらめ、女の手からクコノミをうけとる。逃げないから元に戻せといっても耳をかさない。
それがわたしとあんたのはじまりだ。今さら忘れたとは言わせないよ。

アルパカの毛は黄金並の価値がある。あのとき船を出せたのも私のおかげ。さあ、目を覚ませ。目を開けろ、わたしは痩せた胸に頬を寄せ耳をすますのだった。

----------------------------------------------------------------
<その2>

野アルパカを許可なく捕獲して毛刈りするのは違法だ。しかし市民のモラルが崩壊した昨今では、誰かにデタラメに刈られまだらになった可哀想な野アルパカをよくみかける。
それをみるたびに私は憂鬱な気分になる。なんの罪もない野アルパカにひどい仕打ちをするなんて、ひどい世の中になったものだ
20:34 - 2017年9月6日

その日私は、バス停で被害にあった野ベイビーアルパカをみた。体中、ふかふかの毛の間に幾筋も道のような模様がつけられている。同情して眺めていると、野ベイビーアルパカはつぶらな瞳でわたしを振り返った。そして今なぜか同じバスに乗っている。
一番前の座席に具合よくおさまり、こちらをみる

たまらずわたしは見知らぬバス停で途中下車をした。夜を走るバス。煌々としたまばゆい光の窓に四角く区切られた野ベイビーアルパカの無垢な耳。取り残されたのは私なのかきみなのか。バスを完全に見送ってしまうとわたしはとぼとぼと幹線道路の路肩を歩き始める。

そこまで話して、水を飲んだ。目の前にいる男は短躯で年老いていて疲れきっていて醜かった。しかしその目は、あの夜の野ベイビーアルパカのように静かだった。
「それから?」
男は黙ってしまった私を促す。
「退屈じゃありませんか」
私が言うと、男は黙って首をふった。
「続けて」

「わかりました刑事さん」
私はまた語り始めた。すべてがあの夜の野ベイビーアルパカに帰結するということを、この男なら理解できる気がした。
なぜ私があの日、あのような行動をとったのか。逮捕され裁判にかけられても黙秘し続けたのか
話せばとても長い。長い、長い話になる。

「アルパカを丸裸にしてしまうと、そこには我々が見たことのない奇妙な生き物が現れます」
刑事は表情を崩さない。
「一方で毛刈りをせずに放置すれば、アルパカは自らの毛の質量に、重さに苦しむことになる」
「……報われるべきです。彼らも我々も」
刑事はそれだけいうと祈るように手を組んだ

我々は慎重に心のアルパカの毛の中に手をさしこむ。冷え冷えとした指が天上のごとき柔らかさとあたたかさで、官能にふるえる。道をたどる。薄い皮膚の下の反芻と嚥下を感じる。あの子にさようならをいう。オワリ

----------------------------------------------------------------
あかちゃんアルパカがバスの一番前の席にのってて、こっちをじっと見てたらどうしよう。
嫌かも。うーん、やっぱ嫌だな……。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村



こわいわるいあくまのはなし

[story]

 三角形すらかたちづくれない。
どんな風にぼうりょくをふるえばなれる?
彼の唯一無二の存在に。

1人に翻弄される2人の男の被虐と加虐、またはありふれた恋。

※「ぼくらのぼうりょく」の二部というか、シリーズです。
※便宜上二部的扱いですが、どちらかだけでもいいし、どちらを先に読んでも平気でございます。
(時系列的にはぼくぼう→こわいわるい)
----------------------------
「こわいわるいあくまのはなし」

bb02.png


エブリスタ
(BL夏の陣・フランス書院さまプラチナ文庫「ヤンデレ」部門「ぼくらのぼうりょく」とあわせてエントリしています)


※ダークBLにつき、暴力表現、性暴力表現、不快表現がありますのでご注意ください。

「ぼくらのぼうりょく」より年齢が上がっているし、語り手がまだまとも(?)なので
胸糞指数はぼくぼうが5なら3くらいですかね!?

ご縁があればぜひ。
m(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村


ぼくらのぼうりょく

[story]

 カズイ、ヨージ、ウカ、そんで俺。

 ぞっとする。
 あの顔。殴りたくなる。
 白くて小さくて、弱々しい、目ばかり大きい顔。


 4人からはじまり、2人に終わる。
 ぼうりょく(と、こどくなたましい)について。

----------------------------
「ぼくらのぼうりょく」



bb03.png


エブリスタ
(BL夏の陣・フランス書院さまプラチナ文庫「ヤンデレ」部門)
↑エントリしますので、よろしくお願いいたします、、、 m(_ _)m
※ダークBLにつき、暴力表現、性暴力表現、不快表現がありますのでご注意ください。

エブさまでどこまでやれるか不安しかないのですが、
とにかくやってみます。
きょうひは仕方ないにしても読んでいただく方に申し訳なくて今からつらい。
なるべくストーリーと描写を改ページすればお話し的には支障ないかなと思ったけど
描写そのものがストーリーなんで、こりゃまいった分離できねえや!って頭かかえています



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村


墓標に刻まれた君の名は(鉄血感想その2)

クーデリア以外にも鉄血の感想を書きたい、と思いながら時間はどんどんたっていきます。
今さらながらネタバレ感想。


















鉄血って完全に死にゆく少年たちの物語なんだな……。

自分たちの居場所を得るために他者を殺し(大人も子どもも)そしてたどりつくことなく自分たちも殺される。※

二期なんか一期の勢いを出る杭よろしくぶったたかれ、
ボロボロになって敗走し、完膚なきまでに潰されるさまを描いているんだよな。
とんでもねえアニメだよ。


※もちろん生き抜いた人もいる。たまたま生き抜いた人たち。


なかなか感想をもてない、もちずらい、いいずらい、苦しい、つらい作品だったんだけど、
好きだな、と思ったところは、戦いにおける死をほとんど犬死として描いたところでしょうか。
みんな「死にたくない」って死んでゆく。
苦しそうに。苦痛に満ちた顔で。※

※例外はありますけど(そこはあんまり好きじゃなかった)

わたし、こういうバトルもの?戦争もの?の何が苦手って
死を英雄的に描く描写。
友の死を無駄にはしない……って、ねえ……いわれても……。
あいつが盾になってくれたから、今の俺らがある!!って……ねえ……?

わたしは、圧倒的に、悪に染まってでも無様に生き抜いてほしい派です。
勝敗なんか知ったこっちゃねえわ。逃げちまえよ。



そして最初猿山の大将っぽかったオルガが、だんだんリーダーとして苦悩しはじめるところがとても好きです。
(正直器じゃない、勝負の神に少しずつ見放されてゆく、オルガ)

そのオルガがビスケットの死を政治に利用するところが本当に鳥肌たった。
ビスケットの意思を知りながら、その死を兵隊たちの戦意高揚のために使うのだよ。
みなをまとめるために。

嗚呼。

救いといえば、子どもたち同士の階級闘争がなかったことくらいでしょうか?
現実だと、搾取する側の大人によって、ヒエラルキーを作られて、
子どもたち同士のいがみあい、足のひっぱりあい、抗争を作って管理しやすくしたりするじゃん。
胸をかきむしられるような暗澹たる「弱い者がさらに弱い者をたたく」描写がなくて、命拾い。

少年兵 VS 体制(大人)

というシンプル?な図式だったところが自分的にセーフでした。
闘いで殺し合うにしても、仲間内で足ひっぱりあう、みたいなのはなかったので。
(そんなん見せられた日には)

そして、主人公である三日月やオルガと寄り添うようにストーリーを追ってきたというのに、
最後の最後でジュリエッタが三日月の首を打ち取ったシーンを美しいと涙する自分に激しく動揺した。

なんなんだ……なんなんだ……あの結末。うつくしい、主人公がぶち殺されるシーンをうつくしいって思った、この心のうごき。



見終わったのがだいぶ前なので、細かいところはご勘弁!
またこのような心震えるアニメを見たいものです。
死が彼らをからめとるとしても。



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR