BLのあれこれ・投稿やお知らせ

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

つきだとも

Author:つきだとも
BL書いています。
苦手な方はご遠慮願います。。。
twitter : 月田朋@tskdtm

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

よppららっぴのぴーーー

ラッキーナイトメア!!
月田です。


うひひ、酒飲んでのブログだよ。
いや、もう、飲まないとブログを書けないのかもしれませんね。

今書いているものが、結末にさしかかっております。
秋の陣でございます。
そうさなあ、あと5000くらいかな?
規定には達してるので、ゼロ稿いって、がっとなおして初稿☆
9万~10万字くらいいくかなあ?

11月末日に、ひいひいいいながら
WEBにあげてるのをアップしなおします。予定。

いやあ、しかし、まだゼロ稿にもいたってないのに、ウェッブにアップするとはこれいかに。
信じらんねえ、気が知れねえ、などざわついていたけど
実際やってみると、うww、わああああ、なにこれなにこの体験!!と驚きの連続でございます。

だいたいウェッブにアップするときというのは、もう結果はでつくし、推敲も改稿もやりつくし
お出汁もでまへん、みたいな内容で熱々も完全に冷めきった状態であげるのにたいし。


いま、書いてる。いまそれ書いてますから。
の状態をみなさまの目にふれさせているわけです。

ウェブ作家すんげええええ~

といった塩梅。

これは楽し。リアタイ楽し。
オウイエ―。


だいたいね、書きながら孤独。
これほんとおもろいんかねと、孤独なんです。
書いても書き終わっても孤独だよ~などとうたっている。

今回孤独じゃないね。
手ごたえありありさんきゅーーーです。(当社比)
さんきゅーーーーーーーですね。

できれば来週の今頃にはゼロ稿、たどりつきたいよお、そうしたいよお♪(歌う)
きーみーがーすーきーだよう♪

つまりだな、25日までには!最終あげて!
すっと二日三日でもねかせ、紙だし推敲!

がっつーーーーんとやりたいです。


そして化粧直しな。

エロ盛りキャラ盛り!!それがいまとっても楽しみ!!

ギリギリまでやりたい。
盛りたい。
(わたし、ショタじゃないんで、流助くんの性的魅力がいまひとつなのだよね。
もっとそこはがんばりたい。)


いま、結末を思って泣いたりしてるwwwww
一人でムネアツ。

あほみたいだですが、ほんまそれよ。

転、くらいから、やっと登場人物のひとたちを好きになる。
お話合いして、A,BじゃなくてX?そういう行動の選択肢あんのか!?と思って、
自分の想像の貧困さに驚いて、あんた、それ選ぶんだ!?って。

よppららいの戯れ言、ご容赦。

こんなにも紙だし推敲してないの。
は、じ、め、て(ムッフ―――ン)




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

ひさししぶりに酔っぱらった勢いで

ひさししししししsぶりに酔っぱらった勢いで。
ブログを更新です。

なんかね、新しく買ったキーボードが手に合わないぽい。
やたら誤打ち多いのね。

11月ですね!

いやーーーーーーん年末!ということでここ一年くらいの自分のブログを読んでみた。

うん。


特に感想はない。

生きてるな、程度。


感想あったらブログにアップするんですけどね?
(ほんっとブログに書くことねえわ!!)


そうだそうそう、

今月あると思われるエブリスタ夏の陣、中間発表の前に☆
もうとりあえず、おめでとうを言っておきます←

中間発表に残った方おめでとう!!!!!!

きっと知っている方のお名前を拝見することでしょう……。
とりあえず、先に言っておく!!

おめでとうございます!!
商売繁盛、開運、五穀豊穣!!こんぐらっちゅれーーーーしょん!!




fuuuuuuuuuuu!!☆




えっと、エブリスタ、冬……じゃねえや、秋の陣に参戦予定です。
ってか、今書いてます。じゃすとなう、いま、


だいたい投稿って、必ず寝かせるんですけども
今回どうやっても無理ぽなので、書きながらアップの予定。
うふ。

ともだちが夏の陣でやってて、「ぱねえなあ」なんて鼻ほじってた。
って俺!!??(動揺)

みたいなー。

結末、どうなんのかな~

みたいな~。


あとちょっとで七万字。マジ卍。(真顔)


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村





かたるべきことはなにもない

これがうわさの一か月放置したらでる広告か!!

twitterでショートストーリーつくってみた05

はい。

ええと

アルパカ!!

なぜアルパカかというと、えっぬえいっちけぇいのドキュメンタリで
困難な通学路を通う世界の子ども、みたいなことをやっていて。

わたし、苦学に鬼弱いんです。
自分がのんべんだらりとした甘ったれであるせいか、泣きます。秒で!

そう、少年が山から下りるの。アルパカの毛をかついで……売るんだ。父さんと……。
山から何時間もかけておりて学校に行くんだ……。
弟妹たちの世話をしながら。

だから、アルパカ。

……

野アルパカ!





アルパカの毛はいいお金になるそうです。



即興なので文言かぶりご容赦くだされー(ブラックブルームブレスを吐きながら)
----------------------------------------------------------------
<その1>

たまたま近くを通りかかった野アルパカを捕獲して、三分の二くらい毛を刈ったところ、物陰でそれを見ていた托鉢中の町会長が「お前はお前のなすべきことをなせ」と言ったから。
9月2日はアルパカ記念日。
20:50 - 2017年9月1日

月田朋‏ @tskdtm 9月2日
反省したはいいが、刈った毛には黄金並の価値がある。風呂敷に包んで山をおり、街で売ることにした。コカの葉をはみながら道行く人々を眺めていると少年の顔をした神が輿に乗ってやってきた。空に梵字をしたためる。

油断した。こんなところで神にでくわすとは。私は世界に3人いるというブラックブルームブレスを有する者。息を止め身体を縮めて子ネズミほどの大きさになると、アルパカの毛の中にまぎれこんだ。神の梵字が私の背中を焼く前に。

神はそんなわたしを見逃すわけはなかった。ぶわりと文字の形にアルパカの毛がもえて、私は風呂敷からまろびだす。ブラックブルームブレスを少年神にむかって怨嗟とともにふきつける。少年神はくるりと宙を舞い、そのまま去った。私は小さな身体のまま側溝にそって逃げた。

「おまえ」私はつまみあげられた。逆さにされて振り回される。もがき元の大きさにもどる。そんな私に「忘れ物だ」と女はアルパカの毛をなげる。「見てたよ。なかなかの使い手だ。私に雇われてみないかい?悪い話じゃないよ」わたしは否と首をふるが、女は強い力でわたしの首をつかむ。

私はたちまちネズミのような大きさにされた。女は私を風呂敷の中にほうりこむ。やがて馬にのったようで、わたしはあきらめ、女の手からクコノミをうけとる。逃げないから元に戻せといっても耳をかさない。
それがわたしとあんたのはじまりだ。今さら忘れたとは言わせないよ。

アルパカの毛は黄金並の価値がある。あのとき船を出せたのも私のおかげ。さあ、目を覚ませ。目を開けろ、わたしは痩せた胸に頬を寄せ耳をすますのだった。

----------------------------------------------------------------
<その2>

野アルパカを許可なく捕獲して毛刈りするのは違法だ。しかし市民のモラルが崩壊した昨今では、誰かにデタラメに刈られまだらになった可哀想な野アルパカをよくみかける。
それをみるたびに私は憂鬱な気分になる。なんの罪もない野アルパカにひどい仕打ちをするなんて、ひどい世の中になったものだ
20:34 - 2017年9月6日

その日私は、バス停で被害にあった野ベイビーアルパカをみた。体中、ふかふかの毛の間に幾筋も道のような模様がつけられている。同情して眺めていると、野ベイビーアルパカはつぶらな瞳でわたしを振り返った。そして今なぜか同じバスに乗っている。
一番前の座席に具合よくおさまり、こちらをみる

たまらずわたしは見知らぬバス停で途中下車をした。夜を走るバス。煌々としたまばゆい光の窓に四角く区切られた野ベイビーアルパカの無垢な耳。取り残されたのは私なのかきみなのか。バスを完全に見送ってしまうとわたしはとぼとぼと幹線道路の路肩を歩き始める。

そこまで話して、水を飲んだ。目の前にいる男は短躯で年老いていて疲れきっていて醜かった。しかしその目は、あの夜の野ベイビーアルパカのように静かだった。
「それから?」
男は黙ってしまった私を促す。
「退屈じゃありませんか」
私が言うと、男は黙って首をふった。
「続けて」

「わかりました刑事さん」
私はまた語り始めた。すべてがあの夜の野ベイビーアルパカに帰結するということを、この男なら理解できる気がした。
なぜ私があの日、あのような行動をとったのか。逮捕され裁判にかけられても黙秘し続けたのか
話せばとても長い。長い、長い話になる。

「アルパカを丸裸にしてしまうと、そこには我々が見たことのない奇妙な生き物が現れます」
刑事は表情を崩さない。
「一方で毛刈りをせずに放置すれば、アルパカは自らの毛の質量に、重さに苦しむことになる」
「……報われるべきです。彼らも我々も」
刑事はそれだけいうと祈るように手を組んだ

我々は慎重に心のアルパカの毛の中に手をさしこむ。冷え冷えとした指が天上のごとき柔らかさとあたたかさで、官能にふるえる。道をたどる。薄い皮膚の下の反芻と嚥下を感じる。あの子にさようならをいう。オワリ

----------------------------------------------------------------
あかちゃんアルパカがバスの一番前の席にのってて、こっちをじっと見てたらどうしよう。
嫌かも。うーん、やっぱ嫌だな……。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村



こわいわるいあくまのはなし

[story]

 三角形すらかたちづくれない。
どんな風にぼうりょくをふるえばなれる?
彼の唯一無二の存在に。

1人に翻弄される2人の男の被虐と加虐、またはありふれた恋。

※「ぼくらのぼうりょく」の二部というか、シリーズです。
※便宜上二部的扱いですが、どちらかだけでもいいし、どちらを先に読んでも平気でございます。
(時系列的にはぼくぼう→こわいわるい)
----------------------------
「こわいわるいあくまのはなし」

bb02.png


エブリスタ
(BL夏の陣・フランス書院さまプラチナ文庫「ヤンデレ」部門「ぼくらのぼうりょく」とあわせてエントリしています)


※ダークBLにつき、暴力表現、性暴力表現、不快表現がありますのでご注意ください。

「ぼくらのぼうりょく」より年齢が上がっているし、語り手がまだまとも(?)なので
胸糞指数はぼくぼうが5なら3くらいですかね!?

ご縁があればぜひ。
m(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR