BLのあれこれ・投稿やお知らせ

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

つきだとも

Author:つきだとも
BL書いています。
苦手な方はご遠慮願います。。。
twitter : 月田朋@tskdtm

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

「王国」の無骨なまでの感想文と最近思うこと

つい先日、村崎樹さん主催のスカイプ読書会にて
震え声で朗読した感想文をアップします。

本気で好きなものに関して、感想書くとか、……んんもう!!
ともだえながら書きました。
NO笑い。←自分の当日のテンションわからんかったしね。

イメージは、ラジオに投稿して読まれる感じですwwww
BL小説しばりなのに、一般文芸ですみません。
でも私にとっては素晴らしきやおい小説なんですよ。王国シリーズは。

「王国」シリーズ よしもとばなな著

★あらすじ(400字)ネタバレなし

山で祖母に育てられたワイルドなスピリチュアル娘の雫石が、
街暮らしの中で出会ったのはサイキックの占い師楓だった。
楓は目が悪く誰かの世話を必要としていたが、魅力的であるがゆえ、
常に人びとの欲にさらされていた。
雫石も例外なく楓に魅かれるが、それは最初から恋愛ではない大きな愛だった。
楓には片岡さんという男性のパートナーがいて、
雫石は邪険にされまくるが、罵りあっているうちにお互いの存在を認め合い、
楓を愛するという共通点で絆を深めてゆく。
しかしやがて三人の関係は二人の大きな決断のもと、一人を裏切る形で転機を迎える。

1~3巻は雫石が語り手となり、三人の物語と雫石自身の恋愛が描かれ、
最終巻4巻では雫石の娘、ノニによって雫石、楓、片岡さんという大人達三人とノニ自身の恋愛が描かれる。

★感想(800字)
BL小説と言われているのに、まさかの大御所です。
樹さんに「ばななはおやつに入りますか?」と聞いたらOKでたので、こちら選ばせていただきました。

さて本作のBL的萌え要素ですが、まず、ゲイ男性2と女1の三角関係であるということ、
女が超強いということ、それから全員の口が悪いということです。(と言いながら二つはBLと関係ない)

三角関係ですが、片岡さんと雫石が楓にぞっこんです。
直接の描写はないんでここは私の勝手な想像ですが、私は楓受で読みまして。
そりゃエンタメBLみたいなキラキラはないけれど、楓がやばい。
サイキックでセンシティブでハンサムボーイ。これは好きになる。
そして楓が障碍者ということもあって、世話するもの、
されるもののパワーゲームを描いているのもこのお話のキモ。
プライドの高い楓が雫石のことを好きになって、
ゲイだから性愛の関係にはなれないけど、好きだと伝えるシーンが本当に尊い。
恋愛をあげられないし何の約束もできないが、そばにいて世話をしてほしいというところが前半の私的ハイライトです。
それから片岡さんが超素敵キャラすぎる。
雫石が出会う前から公私ともに楓のパートナーなのだけど、これが非常に嫉妬深い!あからさまに嫉妬する!雫石にも「この女」とか言う。笑ったのは「楓の服の匂いを嗅いだりするんじゃねえぞ」という発言で。……かわいい。

二人は楓を宗教のように愛しているわけです。
このトライアングルが萌える。
そしてこの魂をかけた取っ組み合いみたいな愛は最終的に大きな転機を迎えるわけだけど、
ハンディのある人や病人が身内にいる人は涙腺決壊することでしょう。
私は読むたびにぶっこわれています。それぞれが他の二人をどう思っているかを長セリフでまわしており、関係が立体的になっていくのも三角関係小説の醍醐味。震える。
楓が二人をどう思っているかのセリフなど、
あまりにも美しく切なくて朗読してご披露したいくらいです。
-------------------
この朗読してご披露したい、のところは「王国その4」のp56です。えへへ

みなさんの感想、本当に素敵でした~!!
感想、イイね。うん。
ナチュラルに、本当に好きなものにだけ感想したい。



さて昨今の私ですが、あいかわらず今書いているもののことを
考えたり、次に改稿するものについて考えたり、この先書くものについて考えたりしておりま。
ツイッターの「絵の描き方を教えてくれるエミネムさん」のbotを小説に変換して叱咤激励されておりま。
または繰り返しライアン・マッギンレーの言葉を読んだり。

と、思ったのは、落ちた作品を改稿するかネット公開するかの二択じゃなくて、
その作品をどうするにせよ自分が納得いくカタチにするの一択だ。

オーライ、どうせ自分以上のことはできないんだ。
やるしかないよねえ。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

C

omment


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR