BLのあれこれ・投稿やお知らせ

Prev  «  [ 2018/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

つきだとも

Author:つきだとも
BL書いています。
苦手な方はご遠慮願います。。。
twitter : 月田朋@tskdtm

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

twitterでショートストーリーつくってみた06

ブログ久しぶりの更新です。

つっても、ついのべ納品。

ログとして残しておきたいがため、はっておくだけの更新でございます。
------------------------------------
1、

「うちの子は穏やかな性格で、あまり大きな声では鳴かなくて、小さな声で不満を言うの。」

※こちらはYさまの上記つぶやきより勝手に創作させていただきました。
(Yさんその節はありがとうございます。Yさんのにゃんこちゃんのことあれから今も時々考えます)

@tskdtm
2017年11月24日
だから、あたしはきいてあげたの。あなたの小さな声。柔らかなおてて。お膝にだいて、話してあげたの。ねえ、きのう、小鳥がおしゃべりしていたわ。ことしの冬はすごく寒いって、くちばしがカチカチ。あなたはミャアミャア。

そんなはなし、どうでもいいわ。だって、わたし、からだがすこしつらいの。おひげがいつものようにぴんとしないのよ。おかしいの。

あたたかくして、まるくなりなさい。ほら、寒い冬がくる。
関係ないわ。
関係なくないわ。

まるくおなりなさい。
いいえ、そんなのいや。わたしはただ、おひげをぴんとさせたいの。
あなたにはわたしのきもち、わからない。

あなたのこえ、小さなふふく。いつだってずっときいていたいの。
寒い冬がくる。
あたしたちは凍えない。
おしゃべりはずっと続くの。
おひげはぴくぴく、しっぽはゆらゆら

窓はぱりぱり、星はぴかぴか

end

------------------------------------
2、

@tskdtm
3月11日

ききききききみがあまりにもかわいくて
こここここいにおちたんだ
え、え、えっと、あの
なきた





「みてるね」
「うん」
「今日もがっつり」
「うん」
「なんか反応してやれば?」
「うーん、、、」
「ほら、手でもふってやれよ」
……

「今なにした」
「ウインク」
「なんでまた」
「手がふさがってたから」
「死んでるぞ」
「死んでるね」
「この人殺し!」

かかかかかか神様!!!!

end

------------------------------------
3、

@tskdtm
3月12日

「迷惑だよね」
ああ迷惑だ。
「気持ち悪いよね」
緊張で真っ赤で確かに気持ち悪い。
「……怒らせるつもりはないんだ」
友だちが遠巻きにこちらを見てる。俺は相手を睨みつける。
「で?」
で、好きって伝えてどうしたい。ちゃんと言えよ。来月から離れ離れ。俺とどうなりたいかちゃんと言え。end

------------------------------------
4、

@tskdtm
3月13日

【SSS】ケンカするたび思うけど、今日という今日は本当に無理だと思った。何を言っても平行線でお互い優しさなんか皆無で言葉で殴り合って。
こういうときは、どちらかが家を飛び出すしかない。同じ家に住んでるとケンカの時はしんどい。好きしかなかったはずなのにどうしてこうなったかわからない。続

友だちと遊ぼうにも彼氏にかまけて疎遠にしてたものだから、誰もつかまらない。仕方なく映画をみることにした。それが大当たり。上映開始時間だけで選んだ普段絶対見ないようなやつ。いやなこともすっかり忘れ、楽しい気分で夜の街を歩いていると、このまま別れるのもいいかなと思う。続

そう思うとますます元気になって知らないバーに入った。
その後の記憶は曖昧だ。誰かと飲んで笑った気がする。誰かに肩を抱かれ口説かれた気がする。電話をした。お前なんかいなくても平気だということを言いたかった。モテるのをみせつけたかった。でも何度かけてもあのバカは電話に出なかった。続

それからええと、よくわからないけど、気がつくとベッドの上だった。服のままだった。半分目覚め半分寝てる状態で隣の男にくっつく。
眠っている相手とはさすがにケンカできない。このまま目が覚めなければひどい言葉を聞くこともなく、それに対し口汚く反論することもない。もうずっと眠ってたい。続

優しくなりたい。うまくやりたい。関係を大事にしたい。神様。
そう誓っても、目を開け口を開くと、そうはならない。
でも今は、今だけは2人とも眠ってる。いまだけ、いまだけなら。
手を握った。眠ってるはずなのに握り返してくる。少しだけ愛させて。苦しみを忘れさせて。


目を覚ましたらセックスするんだろう。問題を曖昧にさせうやむやにするタイプの、でもすごく燃えるやつ。そういう解決の方法はよくないって誰かが言ってた。
無意識っぽい動きで抱きしめられながら、ぼんやりそんなことを思い出している。end

------------------------------------
5、

「大野と小宮は研修中」より

@tskdtm
3月22日

「引越業者来る前に何か食べて、あと電気ガス水道…大野さん?」
静かすぎて心配になりのぞきこむと大野さんは泣きそうな顔をしていた。
「小宮、キャン玉痛い」
「『キャン玉』」
「緊張すると痛くなる」
「…毎日もんであげます」
「本当にい!?」
「本当です」
今日から新しい暮らしがはじまる。

------------------------------------
6、

「目的もなく反省もない発作的なぼくらの」より

「田中、俺も飴ちょうだい」
「ごめん咲田、それ最後」
「えーっ隆良いーなー」
隆良に絡む。すると隆良は自分の口から飴をとりだし、俺の口に放りこんだ。
「はちみつりんご味あまー」
田中が机に頭をぶつけた。
「うん?」2人同時に田中をみた。なくなってしまったはずの飴が飛んできた。
end
6:20 - 2018年3月20日

------------------------------------

などなど。以上これにて!


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

C

omment


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。