BLのあれこれ・投稿やお知らせ

Prev  «  [ 2017/05 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

つきだとも

Author:つきだとも
BL書いています。
苦手な方はご遠慮願います。。。
twitter : 月田朋@tskdtm

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

「起こされたり」twitter作文

こちら、自分の覚書といいますか、アーカイブスです。

twitterをはじめたついでに、やってみましたついったー作文。
SSS(スーパーショートショート)と題して1日に1~3こつぶやいたでしょうか。
「起こされたり」チームのあれやこれやでございます。

140字内にまとめるというのが思いのほか楽しく、このままでは
ずーっとずーっとひたすら作り続けてしまいそう、と思い、昨日でいったん停止。

時々、付番を間違えwwww(16が二つある)

また、何か思いついたら始めようと思います。
取り急ぎこんな感じで☆

--------------------------------

SSS1(スーパーショートショート/短歌のノリで衝動的に)
「お前は俺を口説きたいの?それとも裁きたいの?」七尾は沈黙を破ると、微笑を浮かべてそう言った。愛してると、ただそれだけを伝えるつもりが、気づくと恨み言しか言ってなかった。(洋祐→七尾)

【SSS2】
「なあ、七尾。お前の欲望の在処は何処なん?冬を夏にしたい?それとも地球の自転を止めたい?」「J、愛してる。でもそういうの後にしてもらえる?」シャンパンタワーのてっぺんには赤と青のm&m。もう勝った気になっているルーシィが不適な笑みを浮かべて、七尾の続投を待っていた。

【SSS3】
「意地悪はするのもされるのも好きですよ」七尾は、穏やかに答えながら、敵機を撃ち落とすかのような勢いでキーボードを叩いている。なんだ、またセクハラされてんのかと思って森谷は事務作業に戻る。電話が終わったら、どんな風に相手を罵るか楽しみだ。(洋祐→七尾)

【SSS4】
正直Jの仕事の都合なんか知ったこっちゃない。「ええ子で待てる?」その甘ったるい言い方が気に入らない。「俺をどうやって懲らしめるか考えといて」いつも俺をイかせるでかい手。Jの手。撫でられながらささやく。お前のいない間、どんな悪いことをしようかな。(J×七尾)

【SSS5】
レジ待ちのカートを覗き込んだルーシィは、「生活そのもの」と言った。頭痛薬、タンポン、はちみつに入浴剤、漢方薬にグリセリン、山盛りの資生堂、二人分のためもっと山盛りのコンドーム。「元気でるな」と同意すると、「買いすぎだ」と年下の恋人にたしなめられた。(J・L・7)

【SSS6】
史上最悪の会議だった。担当者は無能、上司も無能、全員がぽかんとした顔で、ただ時間が過ぎるのを待っていた。 「うわ最悪」七尾は開堂にビールを渡しながら言った。「そうでも?二時間ずっとあんたのエロい姿想像してたから」 七尾は笑い、「それ詳しく」と言った。(開堂×七尾)

【SSS7】
恋人をグルーミングするのが趣味だ。上等なものを食わせて着せた一日の終りには、風呂にいれ髪を洗い、シェービングをし歯も磨いてやる。そのあとじりじりし始めた恋人を待たせながら、念入りに自分の爪を整える。なぜならぴかぴかの恋人をちょっとでも傷つけたくないからね!(J×七尾)

【SSS8】
後ろのテーブルでの会話がひどすぎたから、私はつい振り向いて余計な忠告をしてしまった。「あなた、そのうち母親と殺し合いになるわよ」すると彼は冷静に「他に方法ある?」と聞いてきたので「逃げればいい」と教えてあげた。Jが17、私が11の時の話。(J・L )

【SSS9】
「そのままの君が好き」みたいな歌詞に、バカが、なわけねえだろうと笑っていたら洋祐の機嫌がどんどん悪くなっていき、何か言うので、バッサリ切り捨ててやった。その夜長文メールが来て、居合わせたケンゾウに音読し、二人で笑い死んだ。俺らは洋祐のことがとても好き。(七尾→森谷)

【SSS10】
「あらお宅の元会計士」ルーが剣呑な声をだした。「頭のおかしい変態女としては、通りがかりによろけて、ピンヒールで足を踏みぬかなくては」「ええ目もみたし、もうええて」「横領されといてバカ?それにこれから起こるのは事故」最強の変態女が席を立つ。俺はその姿に見惚れる。J・L

【SSS11】
長く友達でいる秘訣?干渉しない、批判しない、本気にならないってことかな。あ、最後のは時効ね。でも柿塚には秘密な。
友情?定義が知りたいわけ?そうだな、女の子の場合はセックスしないこと。男……男の場合もセックスしないこと。(ケンゾウ/七尾)

【SSS12】
楽しい事、面倒くさい事、どうでもいい事。頭の中には3つの箱があり、すべてそこに分類されている。セクシーな視線のハンサムなCA。思い出した。ついこの間まで彼を落とす気満々だった。彼をさっさとどうでもいいBOXにいれ、七尾でいっぱいの箱を開ける。あと20分で東京。J

【SSS13】
「上手」 声を耳が拾った。親子連れが目に入る。まったく同じセリフを昨夜言われた。 「修司……上手」 それは、励まし?それともねぎらい? そんなこといわれたら、がんばるだろ。いつもいいようにされている。(開堂→七尾)

【SSS14】
その新人のあまりな姿にクラっとする。ものを食いながら歩くな。歩きながら仕事をするな。何から怒るべきか迷っていると、笑顔の七尾は廊下の床にPCを置く。パンを谷に渡し、華麗にキーボードをたたく。我に返ったのは10分後でサイト構成案は完成し、パンは腹の中だった。(谷→7)

【SSS15】
だいたいそれはそんな風に使うものじゃないし、俺はそういうことされる存在じゃないし、そんな目で見たらダメだって、そもそも口に出して教える意味がわからない。何が言いたいかというと、育て方を間違えた。(七尾→洋祐)

【SSS16】
真冬以外はほぼ裸足。 「その割にかかとがピンク」 開堂は俺を見下ろして言った。 「踏んで欲しい?」 声をたてて笑ってやがる。確かに今の体勢では何を言っても、まったく説得力がない。(開堂×七尾)

【SSS16】
ついた先はガチな大自然で、ザックを背負ったルーシィの後ろをついてゆくこと数時間。「真水につかりたい」「ほな七尾と行けば、行きつけの滝」って、カジュアルなやりとりからのこの状況、やっと笑顔を見せたルーを見て、嬉しい。これは確実にリピーター。とりあえず飛びこむ。L7

【SSS17】
配属先の上司は王子みたいだった。「色白で華奢で髪が長くてあんな顔だし」入社してきた新人は金髪だった。「怒ったら次の日坊主にしてきやがって」「それ見たいです」「おう、これこれ」って、専用フォルダですか。谷さん時々一線越えてる、と牧野は思った。(牧野・谷→七尾)

【SSS18】
七尾をどうやって落としたかって?好きです、俺のもんになってください、ってただ足元に跪いたんや。作戦とかなんもなし。丸腰!
はあ?七尾とどうして別れたか?アホか別れてない。今はちょっと長いケンカしてるだけ。なあ、それより焼き肉いこ。うまい店知ってるから。(J・洋祐)

【SSS19】
改札で突然「僕のこと見てましたよね」と言われたところで心当たりなく。可愛げな若い男。目力つええ。負けそ。あ、修司発見。 「道聞かれて」そう言って並ぶ。と、首ねっこを掴まれた。「振り向かないで。もっとあんたの魔法にかかってしまう」ナンパされてたの、バレバレ。K×7

【SSS20】
目が覚めて、ここがどこで自分が何才で隣にいるのがいったい誰なのか本気でわからない時がある。 そんなこと言われたら、予定を変えざるをえない。少し意地悪して、盛大に甘やかすつもりが、今日は逆でいく。ぐだぐだになるのは初めから目に見えているのだが。(K→7)

【SSS21】
「あのスカートの中潜り込みたい」うっとりとルーシィが言った。「迷子になりそう」と七尾。「七尾ったら七尾ったら七尾ったら!今までそんなこと一度でもあった?」「ない」「彼女に会いに行く」「本気?」七尾はテレビを見、Jを見た。「目的地まで気つけてな」とJ。(J・L・7)

【SSS22】
「この胸に顔をうずめたい」真剣にルーシィが言った。「窒息するね」と七尾。「七尾ったら七尾ったら七尾ったら!それ素敵!」「確かに」「彼女に会いに行く」「本気?」七尾はグラビアを見、Jを見た。「これもってけ」と身振り手振りのJ。シュノーケルと言いたいらしい(J・L・7)

【SSS23】
「あの唇に溺れたい」「ルー」「私行ってくる!」「また?ルーがいないと寂しいよ」「うるさい!」ルーは七尾の手を振り払う。「なんや、寂しかったんか」Jが笑いながらルーを捕まえる。七尾がヒールを脱がす。「むかつく!」2人は暴れるルーシィを挟み、「言えばいいのに」と笑った。

【SSS24】
好きな子には優しくする。悪い子には厳しくする。じゃあ悪い子を好きになった場合は? 「徹底的に甘やかす」 「ふふ」 スポイルされたへそ曲がりほど、かわいいもんはないで。Jはそう言って片目を閉じた。全く同意。七尾を連れて、今夜はどこで、何を食べよう。(J・L)

【SSS25】
出社してすぐ、やべえと言った上司は、涼しい顔でスーツ姿で現れた。「そのジャケット」「日野」「ネクタイ」「野中の」お弁当忘れた子みたいと私が感心していると、ヒャマグチが「今日、社長面談だった!」と青くなっている。「俺の貸そうか?」ってあなたのじゃないし。(牧野・7)

【SSS26】
上司はヒャマグチに「お菓子買ってきて。おいしいのと笑えるの」と札を渡す。「牧野、音楽爆音で」指令に従い端末をスピーカーに繋げる。自慢のセトリ。テンション上がる。ボードにタスクを書き出しながら「はい、みんな食いながら聞いてね」と麗しい23時の笑み。志気が上がる。

【SSS27】
七尾さんが革ジャン着てたので誉めちぎったら「じゃあやるよ、ヒャマグチ」とその場でくれた。爆笑おきた。この前は穴あきダルダルTシャツ着てて古着かな、上級者は違うなと思ってたら、目の前で脱ぎ捨てて昔販促で作ったダサいのに着替えた。ダサいはずがいい感じ。七尾さん格好いい。

【SSS28】
昨夜は結構な遊興ナイトだった。オール→仮眠で、そのまま出社したものの、自称デザイナー?の人からノリでもらいうけたライダース、やっぱ本革は重い、肩こる。ヒャマグチが欲しそうだったからやった。部内で笑いがおこる。うーん、確かに似合わないこと山の如し。(7→ヒャマ)

【SSS29】
昨夜は結構な狂瀾の夜だった。目覚めて服を探したが、上がどうしてもみつからず、落ちてたTシャツを着てそのまま出社。社会人の鑑。しかし匂いが心配。女子社員がいないタイミングをみはからい、昔販促で作ったTシャツに着替える。ヒャマグチと目が合う。とりあえず笑っとく。

【SSS30】
息がぶつかっただけなのに、慣れているはずの皮膚が、五感が、大混乱だ。 いろんな場所でいろんなカタチで複数の指とよろしくやってきた。 「早く」 俺はなんだか哀しい気持ちで、次を促す。 これだから、恋愛ってやつは。(七尾→開堂)

2016/11月13日
【SSS31】うんうんうん、って電話して、ごめん今日本当悪い仕事はいっちゃったって詫びいれた。切ったとたん、あー最近性欲ねーわーってひとりごちたら、ケンゾウが「フワァー」って笑ってムカついて、「んだてめ俺の性欲見たことあんのかゴルァ」って後ろからヘッドロック。

@tskdtm ケンゾウ、もー絶対的にそーゆー目で俺を見ないから安心して悪ノリ「てめこら、俺の性欲普段はドコモタワーよりでけえぜコノヤロ」って。そしたら反応したら負け的なアレで仏像みたいに静かだから俺もヤメドキわからず、締め上げ、がーーって気づけば上体抱えられてて

@tskdtm 逆さまで爆笑、服下がって前みえねーしパンツずれて半ケツ、ギャハハ、落とされたら頭ワレる!!!脳天ワレるーー!!って、騒いでたら、バーーンてテーブル叩く洋祐。気圧されて、ずるんとケンゾウは俺を床に降ろす。怒ったように二階にいっちゃった洋祐に、ケンケンと2人キョトン。

@tskdtm なんだあいつ、拗ねちゃった?うん、超ウケる。俺はせっかくのデートをキャンセルしたばかり。夜は長い。籠城すんならお好きにどうぞ。後で遊びに行くさ。(七、ケ、洋)

2017/2/9
【SSS32】
気分でうざ絡みした。「返せよ」「返さない」子どもみたいなやりとりの後本気で逃げたら寝室まで追いつめられた。気が済んだのであっさり捕獲される。信用ならないといわんばかりに、腕の力は強いまま。目が合う。目を閉じる。もっとぎゅっとされる。【SSS】
(どの組み合わせも可・ただしJは「返せよ」とは言わないだろうな)


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

C

omment


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR