BLのあれこれ・投稿やお知らせ

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

つきだとも

Author:つきだとも
BL書いています。
苦手な方はご遠慮願います。。。
twitter : 月田朋@tskdtm

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

掲載が終わるまでが遠足です。(シャレード小説新人賞最終話掲載を終えて)

その☆いか
どの☆いか
あの☆いか
この☆いか?

君のいか~
ぼくのいか~

イカしたイカだぜ!ちゅうちゅうタコかいな~!!
チュウさせろやーーーーー!!(イカに?それともタコに?:コーラス)


いやー、終わりましたね。まだ終わってないけど、終わりましたね。
途中で強制終了ボタンの場所を何度か探したのですが、見つかりませんでした。
もうメンタル弱いんですよ。
りんこさんとラジオでお話した際にも、自分の小者ぶりを露呈しましたが、
まあ実際小者なんだからしょうがなし☆



……



さあ、何から書きましょうか。
の、前に友人の村崎樹が感想書いてます。
りんこさんの行原さんのわたしの


てかな、そんな完璧な感想書いたら後からやりにくいやろが、ゴラァ。
マジてめ、空気読めや。





さて。


りんこさんね、ラジオで「私濡れ場苦手~」とか言いやがってですね。
なんか昔いましたよね。学生の時、「私英語苦手~」とか言いながら、いい成績とる子!!
私は濡れ場書くの大好きです!!(無駄にでかい声)
りんこさんの感想。行原さんのわたしの



えーと、自分のから始めましょうかね……。
制作秘話的なね。それから反省。&言い訳。

まず、最初にゲロっちゃいますが、この話、プロット作っていません。

ん?

なに。

うん。

本当。

なぜか。

初めて書いた小説なので最後まで書けるかわからなかったからでーす。
(今もドキドキしながら書いているが、最後まで書ける自信はさすがにつきました)

頭の中には概ねストーリーはあったのですが、基本ライブです。マンガ家でいうと、ネームなしにいきなりペンいれ?
ほら、プロットとか設定たくさん書いてそれで満足しちゃって書かないという経験ございませんか?私にはあります。
とりあえず最後まで書いてみよう、そう思って書きました。書けました。

ほら、なるほどの不安定さ。そしてせ〇くすぶっこみ。←平均回数がよくわからなかったので、たくさんいれてみた。
いい風に言うとライブ感はありますね。

今でも思い出せます。
初稿を友人に読んでもらった時のことです。

「七尾が開堂を好きなのがぜんぜん伝わってこないよ」
「え。だって七尾くん、開堂好きじゃないもん
「……は?」
「……え?」
というやりとりをしたんですね。

……


はい。

私は、ハッピーエンドは書きたくなかった!!!!!!
だって、身体だけの関係だよ?好きになる要素ないじゃん!!


何に向かっての反逆なのかわかりませんが(笑)、そこは譲れなかったのです。
当然選外になるわな。

反省して、改稿した本作では、ちょっと七尾くんが開堂のこと好きっぽい。もしくは好きになるっぽい。
でも、まだぜんぜん好きじゃない。セフレ扱いです。
だいたいあんな面倒くさい人、そんな簡単に人を好きにならないよ。←投稿で言うな

はい、つづくの字がみえてきた~(笑)
書ききれなくて続編につづく~

投稿をわかってない!!
わかってないんです。


ねえ、ほんと。
なんなんでしょうね。

だから、読んでいて、もう!いたたまれないこと山の如し。

稚拙すぎるぜ~!!
(ギターをギュウイイイイインとかき鳴らす)

とはいえ、処女作。
好きな要素はぜんぶつまってますです……。
残業中の二人のやりとりもそうだし、金曜の夜、仕事上がりに、七尾くんのオフィスに会社の人たちと行くあの感じ。もう始まっちゃったけど深まっていない二人が、間合いをはかりながら、周囲に隠れてこっそりいちゃつくという。
たまんねえな!!おい!!

バトルシーンはケンカの動画を検索して参考にしました。
修羅場は楽しいですね!
そして一つ一つのシーンに書いていた時の思い出があります。全部現実のこの場所あの場所東京某所からインスパイアされています。

ご一緒した二作に比べれば、完成度の低さは一等賞だと思います。
ただ、勢いはあるかと自負しております。

最後になりましたが、お礼を言わせてくださいませ。



★励ましや応援をくださった読者のみなさまへ★
このような発展途上の作品に対し、閲覧、投票いただき心より感謝いたします……!!
支えられっぱなしで、時々不安になるほどでした。
(読者という言葉を使うのは初めてで、緊張します)

★シャレ―ド編集部さま★
貴重な機会をいただき、本当にありがとうございました。
今回を学びに、今後、よりいっそう精進いたします。

★ブログ村のみなさま★
大騒ぎしても、あたたかく静観していただき、感謝の言葉もございません。
いつもブログ拝見しては励みにしております。
切磋琢磨して商業デビューし、出版不況なんか蹴飛ばしちゃいましょう!!


以上、今宵もお騒がせしました。

おおっと!ほんとまだ終わってないからね!
こういう油断した時こそケガしやすいんだよ。
掲載が終わるまでが遠足ですから!

ではでは~。ご一緒にしたお二方の感想はまた後ほど☆


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

C

omment


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR